So-net無料ブログ作成
-| 2011年06月 |2011年07月 ブログトップ

視力回復と近視トレーニング

005.JPG


≫詳しくはコチラから


視力回復のための近視トレーニングにはどういったものがあるのでしょう。

これまでに、いろんな視力回復法を試したり、本をたくさん読んでみたり
食べ物(ブルーベリーなど)に気を使ってみたり、しかしそれでもダメだった
という人も沢山いると思います。

もし、あなたもその中の一人だとしたらご安心ください。

「ジニアスeye」は、世間一般的に言われている近視トレーニングは
一切使いません。

今まで日本人が気付いていなかった視力低下の原因や、視力回復方法を取り入れ
自然に視力を回復させます。

今まで試した視力回復方法がうまくいかなかったからといって、諦めないでください。

この視力回復のための近視トレーニングは、あなたの視力を簡単に回復させる
ことができるトレーニングなのですから。

≫詳しくはコチラから


011.gif


この近視トレーニングを実践するにあたり、難しい知識や難しい方法は
一切ありません。

さらに、仕事で忙しい方でも、1日数分間簡単なゲームをするだけでで
きてしまうのでトレーニングなので、簡単に視力を回復させることができます。

もし今あなたが、どんなに忙しくて時間がないとしても、少しの開いている時間を
見つけて、ゲームを一つ一つ実践していくことにより、簡単に視力を回復させて
いくことができてしまう近視トレーニング方法なんです。

今までに、この視力回復法「ジニアスeye」を試した人は数多くいます。

その中の97.3%の人がその効果を実感しています。

すべての人に共通して言えることですが、この近視トレーニング方法をマニュアル
どおりに実践して頂ければ、自然と視力が回復していきます。

それは、この30年間の実績がそれを証明しています。


視力回復のための近視トレーニング「ジニアスeye」の紹介です。


≫詳しくはコチラから


010.gif

視力を回復するための近視トレーニング

007.JPG


≫詳しくはコチラから


視力回復のための近視トレーニングは、近視を治し、向上するトレーニングです。

視力低下の原因のほとんどが近視によるものなのですが、これは近くのものは
見えるけれど遠くのものは見にくいという状態を指します。

近視は、目の組織の1つである毛様体の働きが鈍くなってしまうことによって
水晶体のレンズの厚さを自在に変化させにくくなり、視力低下が起こってしまいます。

そこで、視力回復のための近視トレーニングが必要になります。

特に遠くのものが見えにくくなるというのは、毛様体が緊張することで水晶体を
薄くするという働きが特に鈍くなり、毛様体が水晶体を引っ張れなくなることが
視力低下の原因です。

視力回復のためには、運動不足による眼筋(眼球を動かす眼の筋肉のこと)の 衰えを回復させるための近視トレーニングが効果的なんです。

≫詳しくはコチラから


009.jpg


視力低下の原因としては、以前から有名なのが、遺伝によるというもので、最近では
視力低下の原因に関連するような遺伝子も特定され、専門家の間では定説になっています。

また環境によるところでの原因も大きく、携帯・テレビ・パソコン・ゲームなどを近くで
長時間見ることや、慢性的な眼精疲労、ストレスを溜め続けるなど、これらの生活習慣を
続けると、目の筋肉が疲労し、視力低下の原因となるとも言われています。

しかし、視力は、使いすぎて落ちるのではなく、使っていないから落ちるのだということを ご存知ですか?

ここで紹介する視力回復のための近視トレーニング「ジニアスeye」は、正しい目の使い方を
根本から考えた、今までと違う発想のトレーニング方法です。

正しい目の使い方をしていれば、どれだけ長い時間、目を使っても視力が下がることは
ないのです。

これまで数万人の方たちの視力を回復させた近視トレーニング方法をお伝えします。

この視力回復のための近視トレーニング法は難しいことは一切ありません。

年齢問わず、誰でも簡単にできるのです。

シンプルで簡単だからこそ、たくさんの人が効果を実感しているのです。


視力回復のための近視トレーニング「ジニアスeye」の紹介です。


≫詳しくはコチラから


014.JPG

視力回復の近視トレーニング(遠近法トレーニング)

013.JPG


≫詳しくはコチラから


視力回復のための近視トレーニングのひとつに、「近くと遠くを交互に見る」
という方法があることをご存知でしょうか。

近くと遠くを交互に見る、つまり視力回復運動を遠近法を使って行う
トレーニング方法です。

遠近法を使った近視トレーニングの方法をご紹介する前に、「何故、遠近法が
視力回復に効果があるのか」を簡単にお話したいと思います。

目というのは、カメラと同じように遠近調節機能を持っています。

水晶体を支える「毛様体筋」が、この機能を担っているのですが、例えば
軽い近視の場合、毛様体筋がこっていることによって視力低下が起こるのだそうです。

つまり、肩凝りと同じで、この毛様体筋のコリを解してあげる近視トレーニング
方法を行えば、視力回復に繋がるというわけです。

眼筋を動かしていない人は、視力がどんどん衰えていくのです。

正しい視力回復のための近視トレーニングが、短期間での視力回復を させていくのです。

≫詳しくはコチラから


012.gif


では、ご家庭でも簡単に行える視力回復のための近視トレーニング方法
「遠近法トレーニング」をご紹介したいと思います。


1.左右どちらの人差し指でも構いませんので、目の前にピッと人差し指を立てます。

2.その人差し指の先端を5秒くらい見つめます。

3.お部屋の隅にある小物などといった、自分から離れたものを何かひとつだけ10秒
くらい見つめます。

4.1~3を数回繰り返します。

ここで紹介している視力回復方法「ジニアスeye」では、1日数分の
視力回復ゲームで遊んでいただくだけの近視トレーニング方法を行います。

難しい話はぬきにして、ゲームをするだけでいつの間にか視力が回復しているよう
近視トレーニングサイトが作られました。

このゲームは幼稚園児から80代の方までやっているとても簡単なゲームです。

あなたも今すぐ、「見えるという感覚」を取り戻してみませんか?

視力回復のための近視トレーニング「ジニアスeye」の紹介です。


≫詳しくはコチラから


010.gif


-|2011年06月 |2011年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。