So-net無料ブログ作成
- | 次の1件

視力回復の近視トレーニング(遠近法トレーニング)

013.JPG


≫詳しくはコチラから


視力回復のための近視トレーニングのひとつに、「近くと遠くを交互に見る」
という方法があることをご存知でしょうか。

近くと遠くを交互に見る、つまり視力回復運動を遠近法を使って行う
トレーニング方法です。

遠近法を使った近視トレーニングの方法をご紹介する前に、「何故、遠近法が
視力回復に効果があるのか」を簡単にお話したいと思います。

目というのは、カメラと同じように遠近調節機能を持っています。

水晶体を支える「毛様体筋」が、この機能を担っているのですが、例えば
軽い近視の場合、毛様体筋がこっていることによって視力低下が起こるのだそうです。

つまり、肩凝りと同じで、この毛様体筋のコリを解してあげる近視トレーニング
方法を行えば、視力回復に繋がるというわけです。

眼筋を動かしていない人は、視力がどんどん衰えていくのです。

正しい視力回復のための近視トレーニングが、短期間での視力回復を させていくのです。

≫詳しくはコチラから


012.gif


では、ご家庭でも簡単に行える視力回復のための近視トレーニング方法
「遠近法トレーニング」をご紹介したいと思います。


1.左右どちらの人差し指でも構いませんので、目の前にピッと人差し指を立てます。

2.その人差し指の先端を5秒くらい見つめます。

3.お部屋の隅にある小物などといった、自分から離れたものを何かひとつだけ10秒
くらい見つめます。

4.1~3を数回繰り返します。

ここで紹介している視力回復方法「ジニアスeye」では、1日数分の
視力回復ゲームで遊んでいただくだけの近視トレーニング方法を行います。

難しい話はぬきにして、ゲームをするだけでいつの間にか視力が回復しているよう
近視トレーニングサイトが作られました。

このゲームは幼稚園児から80代の方までやっているとても簡単なゲームです。

あなたも今すぐ、「見えるという感覚」を取り戻してみませんか?

視力回復のための近視トレーニング「ジニアスeye」の紹介です。


≫詳しくはコチラから


010.gif

- | 次の1件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。